トップページ

no-img2″><figcaption class=

ご覧頂きありがとうございます! ホンダです。
 
今回は“漫画やラノベが毎日更新!” “日本最大級の蔵書数” “電子書籍の総合書店”と宣伝されているBookLive!をレビューしていきます!

 

「まずは公式ページを確認したい」という方は、こちらからどうぞ↓↓↓

BookLive!の公式ページを見てみる

 

BookLive!の特徴

BookLiveの特徴

BookLive!は、日本で最もメジャーな電子書籍ストアの1つです。

国内では、総合電子書籍ストアとして、honto、Kindleストア、ebookjapanなどに並んで人気があります。

人気の秘密は「頻繁に手に入るクーポン」「Tポイントが貯まる・使える」「シンプルで使いやすいリーダー」といったところ。

“日本最大級の蔵書数”を謳うだけあって、蔵書数もトップクラスです。

no-img2″><figcaption class=

万人受けする要素が揃っている、使い勝手の良いストアです!

なかなか使いやすいので、私はセールやクーポンをチェックしつつ、お得な時にちょこちょこ利用している感じですね。

良いところ・微妙なところ、いろいろあるので、詳しくレビューしていきます!

 

BookLive!の主な特徴

  • 高い総合性
  • クーポンが頻繁に手に入る
  • Tポイントが貯まる・使える
  • リーダーが“良い意味で”シンプル

高い総合性

高い総合性

BookLive!は蔵書数がとても多く、“なんでもそろう系”のストアです。

累計タイトル数42万強、配信数82万冊以上で、これは他ストアと比べても非常に豊富

マンガはもちろん、一般書やビジネス書などの“活字系”も充実しているため、満遍なくいろいろ読む人に向いてます。

※100以下の冊数は切り捨て。あくまで目安としてご覧ください。

少年マンガ
8,600冊〜
青年マンガ
18,800冊〜
少女マンガ
12,300冊〜
女性マンガ
25,200冊〜
BL(コミック・小説)
29,700冊〜
TL(コミック・小説)
19,800冊〜
ラノベ・小説・文芸
89,300冊〜
ビジネス
27,500冊〜
実用・一般書
55,100冊〜
学術・学芸
25,300冊〜
雑誌
4,500冊〜
写真集
20,100冊〜
アダルトコミック
19,000冊〜
アダルト雑誌
80冊〜
官能小説
11,700冊〜

(2019年11月調査データ)

no-img2″><figcaption class=

全体に、充分な品数が取り揃えられています!

サイトには常設のお得コーナーがいくつもあって、無料で読める本期間限定の特別価格本などが多く提供されています。

無料で読める本

⇒「無料で読める本」コーナー

no-img2″><figcaption class=

マンガ以外にも、小説・ビジネス書・写真集・雑誌などの試し読み版が多数配信!

激安コーナー

⇒「激安セール」コーナー

no-img2″><figcaption class=

「激安セール」コーナーの本は毎日更新です。常に何らかの本が特別価格で提供されていますよ!

まとめ買いコーナー

⇒「まとめ買い」コーナー

no-img2″><figcaption class=

「まとめ買い」コーナーでは、Tポイントがお得に付与される“シリーズ作品”が週替りでピックアップされています!

 

ほかにも、単発のセール・キャンペーンが頻繁に開催されていたり、わりにオリジナルの特集・企画も充実していたりと、大型ストアならではのコンテンツがいっぱいです。

 

▼セール・キャンペーン

キャンペーン一覧

⇒開催中のキャンペーンをチェック

 

▼様々な特集・企画

カリスマ書店員がおすすめする本当に面白いマンガ特集

⇒「カリスマ書店員がおすすめする本当に面白いマンガ特集」

ネット広告で人気の漫画特集

⇒「ネット広告で人気の漫画特集」

マンガで人生相談

⇒「アラサー女子向け マンガで人生相談」

 

などなど。

no-img2″><figcaption class=

毎月いろんな特集・企画が出てきますよ!

no-img2″><figcaption class=

やっぱこういう特集があると、運営の熱意を感じるよね

⇒特集一覧はこちら

クーポンが頻繁に手に入る

頻繁なクーポン

BookLive!では、1冊から使えるお得なクーポンが色んな形で気前よく提供されます。

たとえば「毎日get! ドキドキクーポンガチャ」というコーナーで、1日1回“ガチャ”を回せます。

クーポンガチャ
▲「毎日get! ドキドキクーポンガチャ」

大体10〜25%OFFがメインですが、ごくまれに50%OFFが出ることも。

「青年マンガ全作品15%OFF(1回限り5冊まで)」といった具合に、特定ジャンルのみ使えるものから、全作品に使えるものまで、当たる種類は様々です。

もし当たったクーポンが気に入らなければ、その内容をSNS(Facebook・Twitter)でシェアするともう1度ガチャを回すことが可能

つまりガチャは1日最大2回できるということですね。

 

これに加え、定期的にキャンペーンとしてのクーポンも配布されます。

例えば、

「3000作品以上が対象!厳選 恋愛マンガまとめ買いクーポン」
「【先着500名限定!】『○○(作品名)』まとめ買いクーポン配布!」

といった具合。

 

クーポンは開催中のセールやキャンペーンと併用可能なため、上手に組み合わせれば、本代をかなり節約できます!

no-img2″><figcaption class=

この点が、BookLiveが他のストアよりお得になりやすい所以ですね!

 

ちなみに、公式CMでも「ガチャ」は大プッシュされてます↓↓↓

ガチャ=BookLive!最大の持ち味、ってところですね。

no-img2″><figcaption class=

ブックライブマン……

⇒クーポンガチャをチェックしてみる

Tポイントが貯まる・使える

Tポイント

BookLive!がお得になりやすいもう一つの理由がTポイントの活用です。

BookLive!では、アカウントと連動してTポイントが貯まり、電子書籍の購入に使えます。

no-img2″><figcaption class=

普段、ファミマやツタヤ、ガストなどでTポイントを貯めている人は、BookLive!でも活用できるので、メリットを感じやすいはず!

購入金額にしたがって毎月「会員ランク」が変わり、それに伴ってTポイントの付与率も変動します。

会員ランク
▲会員ランク一覧

最初は「購入金額に対して0.5%還元」からスタートと、他ストアの還元率を考えると微妙なところではありますが、買えば買うほど、Tポイントが貯まりやすくなるという寸法ですね。

「会員ランクを上げるほどでもない」という人は、先に挙げた「まとめ買いコーナー」で、高還元のTポイントを狙って貯めるという手もあります。

 

独自のポイントを設けている他ストアより、全国いろんな場所で貯められる・使えるTポイントが活用可能な点は大きなメリットで、使い勝手の良さにつながっています。

が、現在はebookjapanでもTポイントが活用できるため、いまやBookLive!ならではのアドバンテージというわけではなくなっているのが、残念といえば残念?

no-img2″><figcaption class=

同じTポイントでも、ebookjapanとは還元率や貯め方がけっこう違います。どっちが良いかは「利用スタイルによる」、ですね!

BookLive!の支払い方法

BookLive!の支払い方法は、下記の通りです。

クレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ
携帯キャリア決済
(スマホ・タブレットからの購入時のみ。PC不可)
auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、spモード決済
WebMoney
Webやコンビニで買えるプリペイド式の電子マネー。BookLive!で利用後、残高が残っている場合は、その他のサイトで利用できる。また、少額だけ残っている複数のWebMoneyを1つのWebMoneyにまとめることも可能。
BitCash
Webやコンビニで買えるプリペイド式の電子マネー。BookLive!で利用後、残高が残っている場合は、その他のサイトで利用できる。また、少額だけ残っている複数のBitCashを1つのBitCashにまとめることも可能。
モバイルSuica
(おサイフケータイ対応のスマホ・タブレットのみ。PC不可)
事前に「モバイルSuicaアプリ」のインストールが必要。カードタイプのSuicaは利用できないため注意。TポイントやBookLive!ポイントとの併用不可。
楽天Edy
(おサイフケータイ対応のスマホ・タブレットのみ。PC不可)
事前に「楽天Edyアプリ」のインストールが必要。Edyカード、Edy機能付き楽天カードは利用できないため注意。TポイントやBookLive!ポイントとの併用不可。
Google Pay
Googleに登録したクレジットカードで支払う方法。ただしBookLive!では、Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayは使えない。
Tポイント
TSUTAYAをはじめとする全国の提携先で、貯めて・使えるポイントサービス。1ポイント=1円から利用可能。BookLive!ではサンクスプレミアムクラブの会員ランクに応じてTポイントを獲得でき、まとめ買いポイントバックなどのキャンペーンによっても獲得数がアップする。BookLive!ポイントとの併用可能。
BookLive! ポイント
BookLive! 専用のポイント。最大200,000ポイントまで貯められる。有効期限は約5ヶ月間。
BookLive!プリペイドカード
提携の書店やコンビニで購入できるBookLive!専用のプリペイドカード。裏面に記載されたカード番号とPIN番号を入力して、BookLive! ポイントをチャージして利用する。
三省堂書店 店頭決済サービス
三省堂書店の店頭で、BookLive!で販売中の書籍を購入できるサービス。店内検索機などで用意したバーコードをレジにて提示して購入すると、購入した書籍が自動でBookLive!の自分用本棚に追加される。現金や図書カードで支払いできる点がメリット。

三省堂書店の店頭で現金支払いができる「店頭決済サービス」が個性的な部分でしょうか。

多くの支払い方法に対応しているので、これといった欠点はありません。

BookLive!の安全性は?

サービスの継続や安全面で、BookLive!は大丈夫なのかと心配な向きもいるかもしれませんが、BookLive!の運営元は、印刷業界大手の凸版印刷グループ

国内では、大日本印刷と印刷業界を2分する、大手印刷メーカーです。

出資会社も、TSUTAYA東芝クライアントソリューション日本電気三井物産と、大手企業が名を連ねています。

屋台骨が太いので、突然ストアが消えてそれきりになることは考えられませんし、セキュリティ面でも、他ストアに劣りません。

安全面については何も問題がないと言えるでしょう。

no-img2″><figcaption class=

潰れるにしては大きすぎという感じです!

リーダーが“良い意味で”シンプル

リーダーアプリ

BookLive!の読書方法は、専用アプリを使う方法と、アプリを使わずブラウザでそのまま読む方法の2通りがあります。

ブラウザ読みは、インターネットが見られる端末であれば、ほとんどの環境に対応する、最も気軽な読み方。

ですが、ネットにつながっている必要があり、ページを繰るたびに読み込みが発生するので、それだけ通信容量を食います。

 

その点、専用アプリ(リーダー)は、最初に本をダウンロードしてしまえば、あとはネットにつながっていなくても、何度でも読める点がメリットです。

BookLive!のリーダーアプリは、シンプルでいて洗練された使いやすさに定評があります。

リーダーと対応デバイス

BookLive!の専用リーダー「BookLive!Reader」は、見た目・機能ともにシンプルにまとめられた、初心者にも使いやすいアプリです。

ボタンや設定項目は「必要最低限」といった印象で、機能としては、目次しおりの他、マーカーを引くメモを追加する、文中の単語をウィキペディア検索するといった、ごく基本的なものに絞られています。

無論、文字の大きさを変えたり、夜は目に優しい色調に変える「夜間モード」といった、読みやすさに寄与する機能は普通に搭載しています。

アプリ1
アプリ2

no-img2″><figcaption class=

相当にシンプルで、使い方はもはや、迷いようがない感じ

1つのアカウントで、購入した本を共有できる端末は最大5台まで。

購入した本はクラウド上に保存されているため、端末にダウンロードした本を削除しても、再ダウンロードが可能です。

no-img2″><figcaption class=

一度買った本は何度でも再ダウンロードできるので、スマホの容量がいっぱいになっても、気楽に削除できます!

「本棚」は300まで作成可能で、買った本を、好きなように登録・分類できます。

もちろん“鍵付き”にして、自分以外に見えないようにすることもできます。

自動で、シリーズ物作品を並び替え整理してくれる機能も搭載。

 

また、アプリだけの機能ではありませんが本棚のフォロー機能が秀逸です。

これは、本棚にある「作品」ないし「作者」のフォローボタンを押すと、その作品(作者)の最新情報を通知してくれるというもの。

フォローとしている作者の新刊やセール情報を確実に、いち早く入手できるのは、ファンにとっては嬉しいですよね!

作者・作品のフォロー

no-img2″><figcaption class=

LINEと連携させて、LINEから通知を受け取ることも可能です!

no-img2″><figcaption class=

音楽配信サービスの「アーティストフォロー」みたいだね♪

リーダーの対応デバイスは、以下の通りです。

パソコン
Windows
iOS端末
iPhone、iPad、iPod touch
Android端末
各種スマホ・タブレット

残念なことにMac用のリーダーアプリはありません(ブラウザでは読めますが)。

Macユーザーはダウンロードして読めない点がデメリットですね。

BookLive!の評判・口コミ

BookLive!を利用している人の評判や口コミをチェック!

基本的に、クーポンやリーダーアプリに関するものが多いですね。

良い口コミ

良い口コミ

クーポンのお陰で新刊が安く買えるのが良い。
小説の品ぞろえが良いと思います。マンガよりお得に買える印象。
買った順にシリーズ単位で表示してくれる本棚が地味に便利〜
好きな作者の新刊やセールを見やすく知らせてくれるフォロー機能が尊い!
たくさん使ったわけじゃないけど、BookLive!のリーダーがシンプルで使いやすいのは確かだね

悪い口コミ

悪い口コミ

他店よりポイント還元が熱心じゃない気がする
もう少し会員ランクに合わせて特典をつけてほしいな。現状はちょっと微妙
50%オフクーポンなんてめったに出ない! 都市伝説じゃないの!? ガチャの確率上げてほしい!

BookLive!を使ってみたホンダの率直な感想

BookLive!は他と比べてお得感があるか?ですが、すごくお得になる場合と、ほとんどならない場合があるので、注意が必要かなと思います。

入手したクーポンと、開催中のセールを組み合わせることができるときは、他のストアよりお得になることは確かです。

ただ、クーポンを使わない場合は、他店より割高になることがあります。

他ストアでは最初から割引価格で提供されている商品が、割引なしの価格で販売されているということがままあるからです。

単巻買いならまだ良いですが、まとめ買いとなると、お得度の差も無視できないものになってきます。

特にマンガに関しては、ポイントアップ特典やセール・キャンペーンのボリュームにおいて、ebookjapanのほうがお得であることも少なくありません。

no-img2″><figcaption class=

マンガをよく読むのであれば、ebookjapanも検討すると良いでしょう!

参考⇒【本音レビュー】ebookjapan(イーブックジャパン)が色々とヤバイ件

リーダーアプリは使いやすいか?ですが、シンプルゆえに迷いようがなく、使いやすいリーダーです。

かと言って簡素すぎることもなく、必要な機能もちゃんと揃っています。

他ストアのリーダーのほうが、個性や機能面で優れたものがあったりしますが(例えば、「文章を読むならKindleのリーダーアプリのほうが使い勝手が良い」など)、これはこれで読むぶんにはストレスフリーなリーダーです。

no-img2″><figcaption class=

まあつまり「可もなく、不可もなし」ってことか

no-img2″><figcaption class=

うーん、まあ、身も蓋もなく言えば、そうですかね

他のストアと併用してでも利用する価値はあるか?ですが、普段からTポイントを活用し、まめにクーポンやセールをチェックすることを厭わないなら、それだけの価値はあるといったところです。

クーポン自体は頻繁に提供されていますし、セールやキャンペーンも多くあるので、やりくりが苦でなければ、お得に利用できます。

もちろん、細かいことを抜きにしてBookLive!一筋に使うというのも、蔵書が多くリーダーも簡単な万人向けストアなので◎。

ただ、毎日ガチャを回してクーポンを入手したり、セール・キャンペーンをチェックしてポイントをやりくりしたり……といった、地道な節約ぽいことが苦手な人は、最初からしっかり割引されているストアのほうが、満足度は高いかも知れません。

BookLive!をチェックする

BookLive!のデメリット・メリットまとめ

デメリット

  1. 日々クーポンを取得しないとお得にならない
  2. ポイント還元率が微妙
  3. リーダーに傑出したところがない

こんな人には不向き

  1. ガチャを回したりセールチェックが面倒な人
  2. 大きな割引やポイント還元を重視する人
  3. リーダーにも+αの機能が欲しい人

メリット

  1. 蔵書が多く誰にでも易しい使い勝手
  2. クーポンが頻繁に手に入る
  3. Tポイントが貯まる・使える

こんな人にはオススメ!

  1. 電子書籍初心者で、1つのストアに絞りたい人
  2. 節約志向で、クーポンに目がない人
  3. 普段からよくTポイントを利用する人

初めての登録で“1冊半額クーポン”配布中!
さらにお得な特典が…!

初回登録クーポン

BookLive!では、初めて登録する人に限り「全作品どれでも50%OFFクーポン」のプレゼント・キャンペーンが実施中です。

利用可能冊数は1冊まで、有効期間は会員登録から24時間以内

これだけだと、正直、DMM電子書籍などの大盤振る舞いと比べて「しょっぱいなー」という感じがします。

が、登録後、さらに「1000円まで何冊でも50%OFFシークレットクーポン」「1000円まで何冊でも20%OFFシークレットクーポン」ももらえます。

シークレットクーポン

こちらも利用できるのは1回限り、有効期間は取得から24時間以内

全部活用すれば、結構お得なキャンペーンかと思います。

no-img2″><figcaption class=

BookLive!を試してみたい方には嬉しいチャンスですね!

詳細はこちらから♪

Checkit
 

 

※記事の内容、価格、キャンペーン等は執筆時点のものです。最新の情報はリンク先の公式ページにてご確認ください。

ホンダが選ぶ電子書籍ストアランキング

  1. マンガをメインで読むならebookjapan

    eBookJapan


    5.0
    気軽にたくさん読める“マンガ好き”のための大本命

    大手ならではの強力な供給力とボリュームで「とことんマンガ漬け」になれる国内最大手の電書ストアです。無料で読める量がやたら多く、新作・話題作はもちろん懐かしマンガにも強いのが持ち味。全面リニューアルしてからより気軽に、空いた時間にYouTube感覚で楽しめるようになりました。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる

  2. オトク度とアダルトを追求するならDMM電子書籍

    DMM電子書籍


    4.0
    無敵状態の大型セールと充実したアダルトが強みのストアです

    期間中、ほぼ全商品が半額還元になる全ストア中 最強の半額還元セールと、ポイント支払いでもポイントが貯まるオトク度の高さが魅力的。またアダルトについては、他ストアの追随を許しません。併用してでも使いたい利点が多く、使い勝手の良いストアです。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる

  3. 一般書をたくさん読むならKindleストア

    Kindleストア


    4.0
    みんな大好きAmazonプレゼンツの電子書籍ストア

    マンガ以外の品ぞろえの幅がとにかく広く、活字系が大変充実しています。リーダーアプリもテキストを読むのに最適化された設計で、本の活用に便利な機能が満載。小説や一般書をメインにするなら最もおすすめです。定額読み放題のkindle unlimitedも利用価値大。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる