トップページ

no-img2″><figcaption class=

ご覧頂きありがとうございます、ホンダです!
 
今回は、ご存知、世界最大手のネットECサイト「Amazon」が運営する電子書籍ストアKindleストアをレビューしていきます!

 

「まずは公式ページを確認したい」という方は、こちらからどうぞ↓↓↓

⇒ Kindleストアの公式ページを見てみる

 

Kindleストアの特徴

kindleストアの特徴

いまやネットに明るくない高齢者さえ利用している世界最大手の通販サイトAmazon、そのAmazonが運営する電子書籍ストアが「Kindleストア」です。

超大手だけに、なんといっても品数が多く、ストアやアプリも、洗練されていて使いやすいですね。

ただ、ちょっとデメリットもあるので、私は他のストアと使い分けて利用しています。

今回はそのあたりの理由も含めて、レビューしていきます!

 

Kindleストアの主な特徴

  • 品ぞろえの幅No.1
  • 多様なセールと読み放題
  • 安心・安全性は最高
  • 一部のお得度や充実度は他社に譲る

品ぞろえの幅No.1

品ぞろえ幅No1

Kindleストアの品ぞろえは、扱っているジャンルの幅広さ・冊数、ともに業界最高レベルです。

洋書から各種専門書画集セルフパブリッシング(個人出版本)音声読み上げなど、ここにしかないコンテンツも多数。

電子書籍を読むためのリーダーがテキスト向けに最適化されていることもあって、特に活字系をメインに読みたい人にはオススメのストアです!

no-img2″><figcaption class=

小説や一般書を読むなら、とてもおすすめですよ!

多様なセールと読み放題

多様なセールと読み放題

Kindleストアでは、単発のフェア・セールキャンペーンのほかに、レギュラーとなる複数のセールが常に行われています。

日替わり・月替わりごとに、それぞれ安く提供されているほか、不定期レギュラーとして、ストアがセレクトしたイチオシ本が1週間限定で安くなるコーナーもアリ。

さらにAmazonプライム会員(Amazonの有料会員制プログラム)は数百冊が、kindle unlimited会員は12万冊以上が、好きなだけ“読み放題”というサービスも提供しています。

no-img2″><figcaption class=

“読み放題”は、マンガ、一般書、雑誌など、ほとんどのジャンルが対象!
 
活字中毒はもちろん、色んなものをたくさん読みたい人には、たまらないサービスですね!

no-img2″><figcaption class=

12万冊以上…。吐くほど読めそう‼︎

 

Kindleストアの主なセール・読み放題

  • Kindle日替わりセール
  • Kindle月替りセール
  • Kindleセレクト25
  • prime reading
  • kindle unlimited

セール・読み放題の種類

各セールと読み放題の詳細は、次の通りです。

Kindle日替わりセール
kindle日替わりセール

 

24時間限定で、人気作・注目作が安く買える。

新書だったり、写真集だったり、図鑑だったり、ジャンルも偏りなく安くなるので、意外な掘り出し物に出逢える可能性も。

⇒ Kindle日替わりセール

Kindle月替りセール
kindle月替りセール

 

1ヶ月限定で注目作などが安く買える。

更新は基本、毎月1日。

「日替わり」の対象タイトルはおせじにも多いとは言えないが、月替りのセール対象は、数十〜100冊強と、そこそこのボリューム。

文芸書・新書・一般書・実用書など、活字系が多いものの、図鑑やマンガのラインナップもある。

no-img2″><figcaption class=

なんでもチャンポン状態。とてもAmazonらしさが感じられるセールです!

⇒ Kindle月替りセール

Kindleセレクト25
kindleセレクト25

 

ストアがセレクトした新刊や話題作が、1週間限定で安く買える。

「Kindle週替わりまとめ買いセール」はあくまで「まとめ買い」だが、こちらは1冊ごとのセール。

no-img2″><figcaption class=

なお、やってないこともあります…

⇒ Kindleセレクト25

prime reading
prime reading

 

Amazonプライム会員向けに、追加料金なしで、数百冊の電子書籍が“読み放題”として提供されているコーナー。

「Amazonプライム」とは、月額400円で、Amazonでの買い物に「お急ぎ便」や「日付指定」が可能になり、Amazon配信の「映画」「TV」「音楽」が見放題・聴き放題となる有料会員サービス。

「数百冊」とは言っても、2019年4月時点で、配信数は990冊ありほぼ1000冊

対象ジャンルも、小説・ビジネス・実用書・マンガ・雑誌・洋書と満遍なくカバー。

読み放題に関心があるならそこそこ魅力的ではあるけれど、kindle unlimitedに比べるとラインナップの更新頻度が遅く、冊数も圧倒的に少ないのが難点。

no-img2″><figcaption class=

まあ所詮は“Amazonプライム会員向けのオマケ”的なものなので、そこまでの内容は期待しないほうが良いかも知れません

⇒ prime reading

kindle unlimited
kindle unlimited

 

月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上が“読み放題”となるサービス。

ジャンルもオールジャンルカバー。

Kindle本ならすべてが読み放題というわけではなく、マンガなどはかなり古い作品がメインだが、一般書は新作・話題作含めてかなり充実している。

雑誌や新書のリリーステンポが良いので、知識を広げたりアンテナ感度を高めたい向きにも◎。

no-img2″><figcaption class=

30日間無料で体験が可能です!
 
読み放題してみたい人は、とりあえず試してみることをオススメします!

⇒ kindle unlimitedをチェックしてみる

Kindleストアの支払い方法

Kindleストアの支払い方法は、下記の通りです。

クレジットカード・デビッドカード
MasterCard、JCB、VISA、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス
Amazonギフト券
全国のコンビニやドラッグストア、家電量販店、ディスカウントショップなどで購入できるAmazon専用の商品券。プリペイドカードのような「カードタイプ」、発券機で印刷する「シートタイプ」、封筒に封入されている「商品券タイプ」など、さまざまな形態がある。3000円・5000円・10000円・20000円の固定式のほか、1500〜50000円まで、1円単位で金額を指定できる「バリアブル」もアリ。
Amazonショッピングカード
全国のローソン、ampm、ミニストップで買えるプリペイドカード。「3000円分」と「5000円分」の2種類がある。
Amazonポイント
Amazonの商品を購入すると貯まるポイントによる支払い。1ポイント=1円で利用できる。
携帯キャリア決済
ドコモとauのみ対応。Kindle本の代金を、月々の携帯料金と一緒に支払うことができる。

他の電子書籍ストアに比べると、明らかに支払い方法は少ないです。

が、むしろ他が多すぎるほどなので、上記だけでも困ることはないでしょう。

no-img2″><figcaption class=

クレジットがない人は、コンビニでギフト券を買えばいいね!

リーダーと対応デバイス

Kindleストアの電子書籍は、専用のリーダー「Amazon Kindle」のほか、スマホ、タブレット、PCで読むことができます。

パソコン
Windows、mac
iOS端末
iPhone、iPad、iPod touch
Android端末
各種スマホ・タブレット
Kindle専用リーダー
Amazon Kindle

また「Kindle Cloud Reader」というブラウザアプリを使うことで、ブラウザからも読むことができます。

ですが、こちらは正直オススメできません。

kindle cloud reader
▲Kindle Cloud Reader

なぜなら利用できるのがパソコンからのみで、スマホやタブレットからは見れないばかりか、基本的にコミックや雑誌しか読めないため(活字本非対応)。

動作もモッサリとしていて、ブラウザアプリは、あまり実用的ではない選択肢と言えます。

 

no-img2″><figcaption class=

ところで、例えばスマホで買った本は、Amazon Kindle端末で読みたい時、また買い直さないといけないの?

no-img2″><figcaption class=

いいえ! 蔵書はアカウントに紐付いているので、買った本は他の端末やアプリでも自動的に同期・追加されます。
 
新たにまた購入しなければいけないってことはないですよ!

スマホやパソコンを買い替えた場合でも、面倒な引き継ぎは不要です。

買った本だけでなく、どこまで読んだかや、ブックマーク、メモ、ハイライトした箇所も、自動で同期してくれます。

自動同期の図

ハイライトした箇所は、後から検索したり、一覧化してまとめて読み返すことが可能ですよ。

no-img2″><figcaption class=

要点だけ読み返せるので、勉強や調べ物に便利です!

また、Kindle独自の機能として「ハイライト共有」というものがあります。

これは、ハイライトした箇所を他のユーザーと共有できる機能で、同じ本を読んだ他の読者が、どこに何人ハイライトしたか、ひと目でわかる機能。

小説などではネタバレにもなりかねない機能ですが、エッセイや一般書などは他の人が注意・共感した部分を見ることができるので、楽しさが倍増したり、自分との違いを比較できたりと、なかなか有意義な機能です。

ハイライト共有

no-img2″><figcaption class=

ビジネス書や実用書などは、他の人が要点をマークしてくれていたりするので理解の助けにもなります♪

no-img2″><figcaption class=

みんなで一緒に楽しむ感じって、ニコニコ動画みたいやね

ちなみに「ハイライトの共有」は、iOSでは使用できません(設定項目はあるが機能しない)。

他にもiOS版のKindleアプリは、アプリ内から直接ストアの本を購入することができなかったりと、Android版に比べて一部制限があり。

※kindle unlimitedの本は、アプリから検索・追加可能

no-img2″><figcaption class=

iOSは、Appleがアプリ内課金に対して制限をかけてるため、こういう仕様なのですが、そこはユーザー目線でなんとかして欲しいところですよね…

no-img2″><figcaption class=

大人の事情キライだバカーー!

Amazon Kindle(専用端末)はマンガや雑誌に不向き

Amazon Kindle(専用リーダー端末)で注意したいのはカラー表示ができないという点です。

基本的に、小説や一般書など、活字系を読むために設計されているので、モノクロ表示のみとなります。

したがって、せっかくカラー版のマンガや雑誌・写真集などを買っても、全部白黒になってしまうため、こういったものも読みたいと思っている向きには、結構なデメリットになります。

no-img2″><figcaption class=

「タブレット」としてリリースされている「Fire」シリーズはカラー液晶です。
 
が、こちらはAmazon Kindleの美点であるE-ink(本物の紙に印刷されたインクのように見える表示技術。目に優しいとされる)ではないため、帯に短し襷に長し…

no-img2″><figcaption class=

カラーのE-inkがあれば良いのに!!

もともとビジュアルには不向きという点をふまえて、マンガや雑誌は、スマホ版またはタブレット版を使うか、別のストアを利用して使い分けるのも手です。

安心・安全性は最高

安心・安全性

Kindleストアは、日本における電子書籍ストアの中でもトップクラスに安心・安全性が高いストアと言えます。

母体であるAmazonは世界の企業ランキングのトップ3に入る会社であるうえ、2018年8月時の電子書籍ストアの利用調査でも、日本人が利用したことのあるストアとしてトップのシェア

ちょっとやそっとのことで潰れる心配はないでしょう。

ヘルプやカスタマーサービスもちゃんと動いていますから、何かあっても安心ですよ。

no-img2″><figcaption class=

Kindleストアがオワコンしたら、電子書籍業界自体がオワコンって感じするな

no-img2″><figcaption class=

まあ“親玉”感はあるよね…

一部のお得度や充実度は他社に譲る

Kindleストアの微妙なところ

定額読み放題や、独自の定期セールを行なっているKindleストアですが、他の電子書籍ストアに比べて、すごくお得かというと、ちょっと微妙なところです。

あまり大型のセール・キャンペーンがなく、ガチャ、クーポンといった突発的にお得になる要素もないです。

他ストアでは大量ポイント還元対象だったり半額引きだったりするタイトルが普通の値段で売っているなんてこともあり、セール規模や頻度は弱いきらいがあります。

 

Kindleストアが他ストアより微妙な点

  • 「○○特集」のような企画セールが殆どない
  • クジやガチャ、クーポンなどによる割引がない
  • 時節ごとの大型セールもほぼない

まあ、良くも悪くもマイペースな感じですね。

また、マンガに関しては、力を入れているebookjapanのほうが上です。

使い心地・お得感・一部画質など、全体的な充実度でKindleストアに勝ります。

参考⇒【本音レビュー】eBookJapan(イーブックジャパン)が色々とヤバイ件

アダルトならDMM電子書籍のほうが充実しています。

参考⇒DMM電子書籍は手出し危険? ホントのところを暴露レビュー!

no-img2″><figcaption class=

Kindleストアは、セールに関しても「ソツなく満遍なく」という感じ。
 
悪く言えば「ノッペリして無個性」という感じはあります!

kindleストアの評判・口コミ

kindleストアを利用している人の評判や口コミをチェック!

使い勝手の良さと、kindle unlimitedを支持する声が多いです。

良い口コミ

良い口コミ

利用者が多いから本のレビューがたくさんあって参考になる
本の検索がしやすいです。分類もいいかんじにされてて便利!
なんだかんだでAmazonがいちばん使い慣れてて安心できる
Kindle Unlimitedサイコー‼︎ 月980円なんてすぐ元とれるわ
コミック読まない一般書オンリーの自分にとってはkindleストア1択

悪い口コミ

悪い口コミ

他と比べてセールが寂しい感じ
 
Amazonならもっと思いきったセールがあるのかと思ったのに
kindle unlimited、スゴイけど多すぎて読みきれません。
 
元々あんまり本読まない人間だから、使いこなせなくてやめちゃいました。

kindleストアを使ってみたホンダの率直な感想

総合的には優れたストアですが、お得感があるか?という視点で見ると「まあまあ」。

単品で買うなら、他ストアのほうがもっと安くなる場合があります。

クーポンやキャンペーン、ポイントなどを使いこなす醍醐味がないので、節約面ではそれほど優れているわけではありません。

ただ、これは単品買いメインでの話。

読みたい種類の本が、kindle unlimitedの対象に多く含まれるなら、お得感は爆上げです。

個人的には、kindle unlimitedのラインナップに入っていることの多い「セルフパブリッシング」本をよく読むので、非常にお得に感じています。

kindle unlimitedにメリットを感じられるかどうかが、ポイントだと言えるでしょう。

no-img2″><figcaption class=

面白そうな本を次々と乱読するのが好き、という人も満足感が高いはず!

リーダーアプリは使いやすいか?ですが、テキストを読む限りにおいては、文句なしに使いやすいです。

その場で辞書やWikipediaを引いたり、翻訳ができたりと、読書を助けるための目配りがきいてて好感触。

また、ハイライトやメモを付けた箇所をアプリ内で検索・一覧できるのはもちろんですが、「Kindle:メモとハイライト」という管理ページにアクセスすると、自分がハイライトやメモを付けた全書籍、全箇所をWebから振り返れて、大変便利です。

ここから、Evernoteに作った読書ノートに転記もできますし、本を積極的に活用したいなら実用的でメリットが多いです。

no-img2″><figcaption class=

マンガについては「ただ読むだけ」って感じの機能しかないですけどね!

これらを踏まえて他のストアと併用してでも利用する価値はあるか?ですが、マンガ以外をよく読むなら価値あるストアです。

一部ジャンル以外は、総じて文句のない安牌なので、利用して損はないはず。

「初めて電子書籍を利用する」という人にもオススメできます。

マンガ方面がパッとしない点は残念ですが、そこはebookjapanなど、マンガに長じているストアを使い分けると良いでしょう。

⇒ Kindleストアをチェックする

Kindleストアのデメリット・メリットまとめ

デメリット

  1. 他ストアのような大型セールやクーポンがない
  2. マンガの取り揃えや使用感は他ストアに劣る
  3. 「ブラウザ読み」は微妙

こんな人には不向き

  1. セールやクーポン、ポイントを駆使して節約したい人
  2. マンガをメインで読みたい人
  3. ブラウザで読みたい人

メリット

  1. 総合的に使いやすくて安心
  2. 蔵書と品揃えの幅が非常に広い
  3. 勉強・学習に便利なリーダーやサービス

こんな人にはオススメ!

  1. 初めて電子書籍を利用する人や、1つのストアに絞りたい人
  2. 小説や一般書など、マンガ以外をよく読む人
  3. 電子書籍を情報収集や学習に役立てたい人

kindle unlimitedは30日間無料で試せる!

kindle unlimited無料体験

Kindleストアの醍醐味と言っても良いkindle unlimitedは、30日間無料でトライアルできます。

ふだん読まないような本も、読み放題なら気軽に手が出ますし、無料期間中でもそのメリットは、十分体験可能。

期間中キャンセルすれば料金は一切かかりませんので、自分に合うか気になる方は、ぜひお試しを^^

詳しくはこちらからどうぞ♪

Checkit
 
⇒ kindle unlimitedをチェックしてみる

 

※記事の内容、価格、キャンペーン等は執筆時点のものです。最新の情報はリンク先の公式ページにてご確認ください。

ホンダが選ぶ電子書籍ストアランキング

  1. マンガをメインで読むならebookjapan

    eBookJapan


    5.0
    気軽にたくさん読める“マンガ好き”のための大本命

    大手ならではの強力な供給力とボリュームで「とことんマンガ漬け」になれる国内最大手の電書ストアです。無料で読める量がやたら多く、新作・話題作はもちろん懐かしマンガにも強いのが持ち味。全面リニューアルしてからより気軽に、空いた時間にYouTube感覚で楽しめるようになりました。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる

  2. オトク度とアダルトを追求するならDMM電子書籍

    DMM電子書籍


    4.0
    無敵状態の大型セールと充実したアダルトが強みのストアです

    期間中、ほぼ全商品が半額還元になる全ストア中 最強の半額還元セールと、ポイント支払いでもポイントが貯まるオトク度の高さが魅力的。またアダルトについては、他ストアの追随を許しません。併用してでも使いたい利点が多く、使い勝手の良いストアです。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる

  3. 一般書をたくさん読むならKindleストア

    Kindleストア


    4.0
    みんな大好きAmazonプレゼンツの電子書籍ストア

    マンガ以外の品ぞろえの幅がとにかく広く、活字系が大変充実しています。リーダーアプリもテキストを読むのに最適化された設計で、本の活用に便利な機能が満載。小説や一般書をメインにするなら最もおすすめです。定額読み放題のkindle unlimitedも利用価値大。

    ホンダの本音レビュー

    公式ページを見てみる