ネタバレ!勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした【超絶美形で優しい魔王様に、甘く優しく愛される!】

勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした

見た目も中身もハイスペックな魔王様の優しく紳士な愛が止まらない『勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』

ここでは本編のネタバレ感想お得に読む方法について紹介します!

試し読みはコチラ

↓↓↓画像をタップ!↓↓↓

▼ 以下、ネタバレです ▼

目次

『勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』あらすじネタバレ

交通事故に遭い気づけば聖女として異世界に転生したユキは、回復役として魔王討伐を目指す勇者パーティに加わります。

しかし男性のみのパーティで求められることはとてもシンプルで、ユキは強制的に彼らの性処理をさせられていました。

そんな時、勇者達の前に魔王が現れユキを助けてくれました。

裸のユキにマントをかけてあげる魔王は、自分達と一緒に来るかと問いかけます。

怖いと思いつつも行くあてがないユキは、魔王の後について行くことにしました。

翌日、ユキがベッドの上で目を覚ますと、レオという半獣人が声をかけてきます。

彼はユキに気さくに話しかけ、手厚くもてなしてくれました。

ユキは助けてくれたお礼を言うため、レオに魔王がいる部屋まで案内を頼みます。

緊張した面持ちで魔王と対面するユキは、昨晩のお礼を言いながら何か手伝うことはないかと訪ねました。

すると魔王はユキに気遣い、心を休めろと優しい言葉を口にします。

イメージとは異なる魔王の対応に、ユキは思わず胸を熱くさせました。

ユキは魔王城でお世話になりながら、食事を作ったり掃除をしたりと穏やかな日々を過ごします。

魔物達が優しいおかけでユキは少しずつお城での生活にも馴染んでいきました。

そんなある日、ユキがお風呂から上がると帰宅した魔王と鉢合わせしてしまいます。

魔王に裸を見られ恥ずかしがるユキですが、よく見ると魔王の股間が膨らんでいることに気づきます。

気持ちが魔王に惹かれつつあるユキは今までのお礼も兼ねて、性処理の手伝いを買って出ました。

試し読みはコチラ

↓↓↓画像をタップ!↓↓↓

魔王の前に跪き、大きく勃起したモノを丁寧に舐めていくユキ。

反応を確かめながら舌で愛撫するユキは、アソコがうずうずしてきます。

口に含み激しく扱き上げると、魔王はユキの口の中でイッてしまいました。

出されたものを全て飲み干すユキの姿に、我慢出来なくなった魔王はベッドに連れて行き押し倒します。

そして足を無理矢理開かせながら、指でアソコを開き中をジッと見つめます。

勇者達の性処理をしていたユキですが、実はまだ処女でした。

処女膜を見られて恥ずかしがるユキですが、魔王は突然舌を入れて処女膜を舐め始めました。

そのまま敏感な部分までも愛撫されるユキは、体をビクビク震わせながら感じてしまいます。

そしてキスをされながら指で子宮口を弄られるユキは、潮を吹きながらイッてしまいました。

しかしユキは満足出来ず、最後までシてほしいと魔王に向かっておねだりをして…

試し読みはコチラ

↓↓↓画像をタップ!↓↓↓

勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』をお得に読む方法

パンダ

『勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』をオトクに読む方法はないの?

ホンダ

あるある、ありますよ!

勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』を読むなら、総合同人作品ストアDLsiteを使うのがおすすめです!

同人作品に関してはサービスの抜きん出た老舗なので他サービスよりもディスカウントが多く、配布されるクーポンも併せれば他のどこよりもオトクに読むことができますよ♪

ホンダ

内容の“アップデート”や“おまけ”など、DLsiteでしか受けられないサービスも豊富です!

現在、新規無料会員登録をすればもれなく300円OFFクーポンがもらえます。

今だけのお得なサービスなので、気になった方はぜひ活用してみてくださいね^^

>>DLsiteをチェックしてみる

勇者パーティから聖女を救ったのは魔王様でした』感想

見た目も中身もハイスペックな魔王様がとにかく素敵すぎる!

優しくて紳士で何よりもユキの気持ちを1番に考え尊重してくれる魔王様。

全ての女子の理想がこの魔王様に詰まっているのではないかと思うほど魅力的で超絶かっこいいです。

基本無表情なので怖そうに見えますが、ふとした瞬間に見せる笑顔とか堪りません!

ラブもエロもしっかり読めるし設定も細かくストーリーも面白い。

可哀想なヒロインがちゃんと幸せになってくれるので、ストレスフリーで楽しむことができます!

試し読みはコチラ

↓↓↓画像をタップ!↓↓↓

ホンダが選ぶ電子書籍ストアランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次